--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2005/10/10

トーマス・クラウン・アフェアー

「録ったまま放置ビデオを見る」第9弾。

大富豪のトーマス・クラウンは刺激を求め、NYの美術館からモネの絵画を盗み出す。
保険調査員のキャサリンは彼に目をつけ、接近するのだが…
リメイクらしいですね。
でも、元の映画を知りません。
録っておいたことすら忘れていました。

最初の美術館から絵画を盗むあたりは面白そうな入り方でした。
トーマスを犯人だと断定し、彼に近づいていく保険調査員との駆け引きとか、サスペンスものかと思ってました。

でも、途中から2人の恋愛ものに変わっていってます。
相手のことを信じられるかどうかになっていっちゃいました。
浮気疑惑とか普通の恋愛ものにされても面白くないぞ。
ついでに音楽がちょっと微妙だ。

警察官だらけの美術館に盗んだ絵を返す方法は、最初と同じようにおぉと思わされます。
でも、本物の上に水彩で絵を描いて返していたということですが、スプリンクラーの水がかかって、大丈夫なものなんだろうか。
ついでに違う絵を盗んでいったのですが、その方法が分からない。
主人公達のハッピーエンドよりも、どうやって盗んだのかが気になります。

なんというか、ハリウッドらしい感じですね。
特別面白いわけではないですが、ひどすぎることもなく。

取り合えず、お金持ちで、ダンディで、セクシーなおじさんは日本人には無理だなぁと感じました。


この後に録っていた「アタック・ナンバー・ハーフ」の方が観たかったのに、途中で切れてた。残念(:_;)
映画(TV放映) | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示
« ルパン | HOME | 幸せの… »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。