--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2005/10/16

踊る大捜査線 THE MOVIE

腹部に熊のぬいぐるみを詰められた猟奇殺人、警察署内の窃盗事件、そして警視庁副総監誘拐事件。
湾岸署最悪の3日間が始まる…
「踊る~」シリーズをちゃんと観たのは、この映画が初めてでした。
ドラマは何となくしか知らなかったけど、面白かったです。
小泉今日子が犯人役だと聞いていたのに、最初の方で出てこなくなって拍子抜けした気もしますが。

今回、ドラマの再放送やその他の映画を観た後では、色んなリンクが発見できる楽しみがありました。

室井慎次を観た時、何のために出てきたのか、一体誰なのかと思った大杉漣は、この時からちゃんと公安として登場していたのね。
そして、かえる急便は何かにつけてずっと登場しているんですね。

事件を解決するまでのストーリーは、真下の方が面白かった気がするけど、やっぱ本家は華があるというか、派手ですね。
出演者といい、音楽といい。
都合良過ぎなことがあっても、なんかOK。
笑いもシリアスもテンポよく入っているので飽きません。
室井さんは湾岸署あってこそなんだなぁ。

そういえば、エンドロールで温水さんや木村多江の名前を発見したんですが、どこに出ていたんだろう。
ドラマには仲間由紀江も出てたんだよね。すごいな。
映画(TV放映) | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。