--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2005/12/30

コケケッコウ(結構)な1年

タイトルは年男さんの挨拶より。
三本締めで酉年を送り、本日仕事納めでした。

今年も残すところ後1日。
三条さんのリクエストにお応えして、今年観た映画の総括などをつらつらと。

DVDやTV放映は何度も観てるのとかあるので、劇場のみで選びます。
でも、このブログ始める前に観た映画は結構忘れてるんですよね。

「東京タワー」
「ネバーランド」
「オペラ座の怪人」
「オーシャンズ12」
「ロング・エンゲージメント」
「ブリジット・ジョーンズの日記 切れそうな私の12ヶ月」

くらいかな?

映画として1番強烈に印象に残ってるのは、「ミリオンダラー・ベイビー」ですね。
痛い、重い。
気軽に観ることができる話じゃなかった。
すごくよかったと勧める話じゃないけど、忘れられない映画かも。

音楽モノがお好きなら「オペラ座の怪人」「コーラス」ともにお勧めです。
オペラ座は元々好きですから、めっちゃ楽しみに待って観に行きました。
ついでにDVDも買っちゃいました。
コーラスは歌声だけでなくストーリーもよかったです。(さすが文部省推薦)
べたな話かもしれないけど、だからこその安心感があります。
そういえばこの話、どうしても観たくて1人で行ったなぁ。

いつも洋画をよく観るんですが、今年は邦画の年でしたね。
「電車男」「メゾン・ド・ヒミコ」「運命じゃない人」どれも観てよかった。
全く違ったタイプの話をあげますが、ちょっと気になる…で観に行ったのに、思った以上の面白さ。
どれもお金をかけた派手さより、ストーリーで楽しませてくれました。

明日は「あらしのよるに」も観るし、「男たちの大和 YAMATO」のただ券ももらったし、しばらく邦画ブームは続きそうです。

明日から帰省するので、年内更新はこれで最後になると思います。
皆様、よいお年を。
映画(その他) | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
三条さん好みの妖怪系多かったねぇ。
記憶に残るような駄作もなく、普通って感じの映画が多かったんでしょうか。
でも邦画はほんと頑張っている。
お正月映画も良さそうなの多いし、京都・四条の東宝系の映画館がなくなってしまうのは、本当に残念です。
おお。リクエストに応えて頂いてありがとう☆
意外と邦画が多く選ばれていてちょっとびっくり。

私は、今年見た映画のベストは、総合点で「メゾン・ド・ヒミコ」
あと好きなのは「真夜中の野次さん喜多さん」「妖怪大戦争」「劇場版仮面ライダー響鬼」etc‥、
何だか人外・妖怪系の作品ばかり見ていた気がする一年でした。。。
2006年もよろしくね~♪

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。