--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2005/07/01

電車男

書籍化、漫画家、映画化、ドラマ化、舞台化とどんどん広がっていってますね。
もうかなり有名な話でしょう。

電車の中で酔っ払いにからまれた女性を助けたオタ青年。
2ちゃんねるの住人達の協力を得て彼女との距離を縮めていく…
私が電車男を知ったのは、まとめサイトが最初です。
おもしろくって、一気に読んでしまいました。
この話が書籍化される時から映画化の話聞いてたけど、こんなに早く完成できちゃうとは…。

映画は最初の方は、ダイジェストって感じです。
「めしどこかたのむ」とか「おめかししていきますので」とか「ちゃんと掴んでますからw」とか…
ポイントは抑えてあるけど、展開が早い。

元ネタの方が電車男の不器用さというか…。
電話の通話ボタンが押せなくって数時間とか、話上手くできないとか、すっごく共感できます。
まぁこの辺じっくり描くには時間がないし、映画見ててもちゃんと伝わってきましたが。

途中から元ネタとはちょっと変わってます。
元は住民の意見を聞かなくても自分で行動できるようになってましたが、映画では失敗して自信なくって告白のシーンもほんと情けなくって。
あんな姿見たら「頑張れ」って言いたくなるなぁ。

山田孝之も最初は作ってるって感じの挙動不審さだったのに、最後はナチュラルにキモい(笑)

高評価なのは知ってたけど、ほんと楽しめました。
1800円の価値はないかもしれませんが。

そういえば最後、エルメスが落とした定期券を電車男が拾うシーンがあります。
その後回想で、昔電車男の拾った定期券が(知り合う前の)エルメスのものだったというシーンがあります。

私はこれは「運命」だと言いたいのかと思い、いらないシーンじゃないかと感じたのですが、友人は「夢オチ」だと思ったらしい。だから必要なんだとか。
色々見方があるもんだなぁ。


しかし初めてサイトを見た時は、独特の用語がいまいち分からなかったのに、今では結構分かる…やばいぞ、私。
でも、「マターリ」とか「キボン」とか日常会話で使わないし。
「くぁwせdrftgyふじこlp」が台詞で聞けるとあったので、どう表現してるのかと思ったら、そのままというか。
「○○○(よく分からない)ふじこ」なのね。



…面白かったけど、この映画にたいして熱く感想書いてちゃいけない気がする。
映画(劇場) | Comments(3) | Trackback(0)
Comment
>りんごちゃん
いらっしゃいませ。久しぶり~。

この話、殺伐としたネットの世界から生まれた純愛と友情だからすごく話題になったんでしょうね。

映画では特に住人達の応援が純粋で、皆が勇気をもらってハッピーエンドだよね。
だから一般的にも受け入れられてる気がする。

真下正義も面白いよ。


>chaguちゃん
映画が一番受け入れやすい作りです。
映画の話を見ただけだったら純粋に感動したって語ってもいいと思う。
まとめサイトは駄目な人もいるでしょうが。
ただAAには感動した(笑)

カロリーメイト君はほんと違和感なしだよね。
伊東美咲は背も高いし、どんな話になるのかな?
多分1回目は見てしまうんだろうな。
私は普通に感動しました;
本も全部は読んでないので
細かい内容までは知らないんだけど
…友人に熱く感想語って、その上
絶対見て!!とまで言ってしまいました(笑)

でもドラマは、電車男があまりにもはまり過ぎ
エルメスさんがあまりにもゴージャス過ぎな配役…
な気がするのは私だけでしょうか?
おひさしぶり~!
私も見たよ~。真下を見に行く予定だったのだがいっぱいだったのでなぜか公開日に見てしまいました…。
本も去年だったかな?結構前に読みました。
(買ってないですよ?借りたんです。笑)
ほんとに映画化早かったねぇ!

勇気のある電車男さんもすてきだけど、
掲示板で応援する住民たちの思いやりに胸打たれました。
ほんとにみんな電車男のことを思って応援してるんだもん。
現実では知らない人なのに。
ネットって悪口言ったりウイルス送ったり、攻撃しあう世界みたいな雰囲気がある中で、心あたたまる話です。

>熱く感想書いてちゃいけない気がする
私もそう思います。笑。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。