--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2011/10/19

洋菓子店コアンドル

鹿児島から出て行った恋人を追いかけて、東京で評判のパティスリー「コアンドル」を訪れたなつめ。
しかし、パティシエを目指していた恋人はたった2日で辞め、行き先が分からなくなっていた。
このままでは帰れないと、コアンドルで働き始めるなつめだが…

再生の話は好きです。
ちょっと陰のあるパティシエを演じる江口洋介さんも、ちょっと無神経で自信家の田舎娘を演じる蒼井優ちゃんの演技も自然でいいと思う。

が、十村の復活は再生物語らしい流れでいいんだけど、なつめが結局成長したのか微妙。
ちょっと人を認めることはできるようになってるけど、パティシエとして成長したのかは分からないし。

それよりもなんか納得いかないのが、食品を扱ってる現実味がない…。

伝説と言われるくらいのパティシエがタバコ。
←まぁこれは、お菓子作りから離れたことを強調するためとかなら納得するんだが…。
長い髪をひとつにくくっただけで、帽子をかぶったりきっちりまとめたりしないんだ。
←髪の毛入るやん。食品衛生法にひっかかるんじゃないか。
仕事にプライド持ってそうな先輩が、これからお菓子を作る台に座るとか。
←これが一番信じられない。いくら消毒されてもなぁ。その心構えが…。

美味しくてキレイでも、こんなケーキ屋さんのケーキ食べたくないぞ。
映画(DVD・ビデオ) | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。