--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2005/06/17

インビジブル

昔映画館で見た予告が印象に残ってました。
内容には大して興味を持てなかったんだけど、透明になる過程の映像が。

透明人間の研究をしていた科学者が、自らの体を使って人体実験を行う。
彼は次第に暴走していき…
手足の先から次第に消えていくのではなく、表皮→筋肉→内臓→骨→透明という風に体の表の組織から消えていきます。
戻る時はその逆で。
まるで「人体の不思議展」でした。

透明になった科学者が(透明になる薬は簡単にできたらしい。へぇ)元に戻れず、実験の失敗を隠すために同僚達を殺していくという内容なんだけど。

科学者はただの人間じゃないのか?と言いたくなるくらい不死身です。
まず火炎放射器で焼かれ、鉄パイプで殴られ、感電しても追ってくる。
しかも動きは元気そうだ。

透明人間だけじゃない!
お腹を刺された上凍死しかけたヒロインの恋人も、その後元気にヒロインを助けに来ます。言った台詞が「たまには俺も助けないとな」と。
確かにヒロインはためらいなく科学者焼くし、爆弾にも気付くし、パワフルだ。相手は元恋人なのにためらいなさ過ぎ。

ホラーでも宇宙人とかのパニックものがあまり好きではないので…。
エイリアンは出てこなくても同系でした(-_-;)
映画(TV放映) | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。