--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2010/12/18

第九

毎年恒例の第九、今年も行ってきました。

今回の指揮者・広上淳一さん、面白い!
動きが踊ってるみたい。なんか可愛いし、目が離せません。

まずは「魔笛」の序曲。
こないだ「のだめ」の最終巻で魔笛読んだばっかりだな。
タイムリー。

休憩なしで続いて第九。
が、1楽章はちょっとうとうと(笑)
第九は2楽章以降が好きみたいです。

指揮者さん、動きだけでなくタメがすごいというか。
残響消えてから次の音に入る、一瞬の無音の緊張感を多く使ってます。

鳥肌が立つほど感動する演奏というわけではないけど、すごく素直に聴けるというか。
分かりやすくって楽しめました。
また機会があれば他のも聴いてみたいなぁ。

今回ソロの人より後ろに座っていたので、あんまり声が聴こえなかったのだけが残念。
でも、その分演奏者と同じように指揮者の表情まで見ることができて楽しかったです。
音楽 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。