--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2010/11/01

大江戸りびんぐでっと

時は江戸。
巷では、人に噛み付き増え続ける生きる屍・存鼻(ゾンビ)の話題で大騒ぎ。
そんなある時、身体にくさや汁を塗ることで存鼻にならずに彼らを従わせることができる半助が現れる。
同郷の未亡人・お葉を追って江戸に出てきた半助は、存鼻を働かせる人材派遣会社を起業するのだが…

初めてのシネマ歌舞伎。
といっても、クドカンの歌舞伎なので、歌舞伎というより普通の舞台のゲキシネ観てる感じでした。
主題歌がやたらと耳に残るし。

蘇った死者に食べられると起き上がりになる。
小野不由美さんの「屍鬼」ですねぇ。
バイオハザードとかも一緒か。
とはいえ、暗さや怖さはありません。

中村七之介の女形姿は初めて見ましたが、なんて綺麗。色っぽい。
まさに、小股の切れ上がった良い女。
さらに驚いたのは、坂東三津五郎さんがお笑い要員だったこと(笑)

前半はいっぱい笑わせてもらいましたが、ラストに向かってストーリーよく分かりません。
半助の見せ場はあるけど、存鼻たちにとってのオチはついたんだろうか?

でもまぁ、元々クドカンの話が大好きで理解できる方でもないので…。
「真夜中の弥次さん喜多さん」とか駄目だったもんなぁ。
あ、あれもしりあがり寿と組んでる。

取り合えずは、舞台らしく笑い満載で楽しめたのでよしとします。
映画(劇場) | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。