--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2010/10/06

大奥

男だけを襲う謎の疫病が蔓延し、女の約4分の1にまで男の数が激減した江戸時代。
働き手は女となり、将軍職も女へと引き継がれていた。
その結果、一人の将軍に仕える男3000人、女人禁制の大奥が誕生していた…

原作は立ち読みした程度だけど知ってます。
BL要素もあるし、大々的な興行より単館系でやる方が合ってそうな内容なんだけどな。
男の人は居づらいんじゃないかなぁ。
まぁあんまりいませんでしたけど。

キャストを聞いて「うーん」と思ってましたが、やっぱり主演の二ノ宮和也の背が…。
黒地に流水文のみっていう潔い裃で目を引くはずなのに、その姿がいまいち。
見せ方もあるのかもしれないけど、あのデザインは背が高くないと似合わないんだよ。
玉木宏と佐々木蔵之介に挟まれてると余計小ささが目立ちます。
背の問題だけじゃなく、主人公の水野が持ってるはずの魅力がいまいち表現できてないんだよなぁ。

柴崎コウも好きだし、頑張ってたんだけど器の大きさ感じさせるほどではなく惜しい。
粋っていうには可愛いんだよなぁ。
いっそ宝塚のトップスターさん持ってきたら似合ってたんじゃないだろうか。

和久井映見とか良かったし、玉木宏は雰囲気出してました。
佐々木蔵之介との絡みの妖しいこと。視線がエロいです。
佐々木蔵之介もエロ親父と化してます。

ジャニ主演の映画じゃしょうがないのかもしれないけど、エンドロールの嵐の歌も何か合ってない。
同じ漫画原作でも「花より男子」みたいなノリならぴったりなんでしょうが。

原作は面白かったんだし、忠実には作ってると思う。
けど、いい役者さんは多いのに使いこなせてないというか。
なんか演技下手に見えるというか。
まぁ一言で言うとキャスティングミスだとしか思えないんだけど。
楽しみにしてただけに、ちょーっと残念。
映画(劇場) | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。