--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2010/09/23

ホノカアボーイ

大学を休学し、ハワイ島にあるホノカアの映画館にやって来たレオ。
ホノカアは、別れた恋人と月の虹を探してやってきた町だった。
ゆるやかに流れる日々の中、レオはこの町で暮らす人々と触れ合っていく…

蒼井優とか深津絵里が、ちょい役で出てるー。

登場人物ほとんど日本人だし、会話は日本語。
なんか外国というより、ファンタジーな感じ。
と思ったら、実話を基にしてたのか。日本人が多いのも、日系移民の町なんだそうで。
現実とは思えないくらい、ゆるやか~な空気が流れてます。

ご飯が美味しそうです。
最近やたらとご飯が美味しそうな映画見てます。
ご飯とチーズ入れたロールキャベツかぁ。
いつか作ってみたいな。食べたい。

とにかく、ビーさんが可愛いです。
レオとの距離が近づくにつれていつもよりちょっとおめかししたり、焼き餅焼いてイタズラしたり。
大人なんだけど、っていうかおばあちゃんなんだけど、年甲斐もなく…だなんて全然感じません。
むしろいつまで経っても女の子なんだなぁって可愛い。
部屋も服もお洒落だしね。
でもまぁ、そんなんじゃモテないわよって言われてるレオが、そんな気持ちに気付くはずないか。

まるで猫のように姿を消してしまったビーさん。
それでレオが何か変わったか、町が何か変わったかというと特に大きな変化はなく。(レオは日本に帰ったかれど)
むしろ、変化はあるのに同じ様に流れるゆるやかな空気を感じるラストでした。
映画(DVD・ビデオ) | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。