--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2010/08/30

麗しのサブリナ/EXCITER!!

三条さんにお誘いいただき、人生2度目の宝塚大劇場へ。

まずは、ちょっと前にDVD見直したばかりの麗しのサブリナ。
サブリナ役の娘役さんは、今回初めてトップになったそうで、ちょっとカミカミ。
ま、サブリナは初々しい女の子だしいっか。

映画よりもコミカルでした。
さすがに海のシーンは無理だったみたいで、クラブに変更してたけど、サブリナの衣装とか結構忠実に再現してたんじゃないかなぁ。
とはいえ、モノクロ映画だから色は分かんないんだけど。
「La Vie en rose」もしっかり歌われてたし。
王道ラブストーリーだし、宝塚の雰囲気とあってたんじゃないでしょうか。

レビューは、まさに宝塚(私のイメージ)
最初はストーリーがあるのかと思って見てたけど、ないようです。
というか、ストーリーらしきものが始まるかと思ったら途中で放置。えぇー。
だけど、羽根しょってるし、キラキラだし、歌って踊って「おぉ、これが宝塚」というステージを見せてもらいました。
何度も歌われる頭から離れないテーマ曲。
衣装といい、ダンスといい、ちょっとひろみGOを思い浮かべてしまいます。
ヅカファンには怒られるかもしれませんが、私にとっては同じ世界の住人のように見えるしー。

アンコールなくあっさり終わる終演にはびっくりしたけど、午後からも公演があると知って納得。
ってか、宝塚の乙女たちはすごい体力ですな。

帰りは、こないだ読んだばかりの有川浩「阪急電車」に影響受けて、今津線で帰宅(笑)
こちらの映画化も楽しみです。
舞台 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。