--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2005/06/03

キングダム・オブ・ヘブン

オーランド・ブルーム初主演作品です。

妻と子を亡くしたばかりの鍛冶師、バリアンの前に父と名乗る人物が現れる。
彼は十字軍の英雄であり、バリアンをエルサレムへと誘う…
時代背景の予習しとかなきゃ…と思いつつ忘れてた。

そのせいもあるのかもしれないけど、なんとも分からない点が多い。
なんで鍛冶屋がいきなり立派な騎士になり、大軍を指揮できるような知識を得たんだ?
父は生き別れの息子に会ってすぐで、どんな人物かも分からないのに息子は私の誇りとか言えるか?
エルサレム王の妹と惹かれあったのも分からん。
人妻なので彼女と結婚するのは彼の正義に反するらしいけど、結ばれた後に言っても説得力が…(この辺「トロイ」の馬鹿王子の方が素直でした)
イスラム側の大軍にわずかな兵で突入していくのも、犬死じゃないのか?
そこは篭城じゃないのか?なんて。
史実を知っていればちゃんと理解できたんでしょうかね。

でも戦闘シーンは迫力あります。
塔の攻防なんて「ロード・オブ・ザ・リング 2つの塔」よりもリアル。
戦争が始まってからは、その駆け引きのみに集中できたので結構面白い。
ただリアル過ぎるので、痛いの駄目な人は見ない方がいいと思う。
首並んでるし、生きたまま焼かれてるし、ハンセン病の王の顔なんかもちょっと怖い。
オーリーもさすがに今回は弓ひかないし(笑)

神の名の下に他宗教の人を排除したり、神を失うことを恐れたり…。
この手の心理はクリスマスして、初詣行って、死んだ時はお寺っていう典型的な無宗教の日本人の私には理解し難いです。
どんな宗教も平和を説いてるはずなのにね。

そういえば、この話見ててやけに田中芳樹の「アルスラーン戦記」を思い出すなぁと思ったら、この時代をモデルに書いてたんですね。
映画(劇場) | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
私もカタカナ覚えられないけど、この映画で誰が誰だか…?
って状態になったのはカタカナのせいだけじゃない気がする。
でも予習しなくてもなんとかなるんじゃないかな。エルサレムという土地や十字軍について勉強になったよ。

「陰陽師」で痛いという三条さんにはちょっと無理かも。
戦争だし、切ったり突いたり爆破したり多いし。
オーリーも暗めで王子さまじゃないよ(笑)
まぁそれが迫力ある映像だったのですが。

3時間40分ぐらいのディレクターズ・カット版DVDがそのうち出るというのを見かけたので、それを見た方が話は分かりやすいかも~。
KoH(←って略すらしいね)観たい~!
やっぱり予習必要っぽい?
何回か、図書館で調べてみようかなーって思うんだけど
脳みそが基本的に日本史脳だから
世界史の人名地名役職名キリスト教的背景が
どーにも難しいのよね。。。

っていうか、どのくらい痛いの?
あんまりリアルだと観る自信ないかも‥;;

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。