--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2005/05/30

山の郵便配達

「録ったまま放置ビデオを見る」第2弾。

長年、中国の山間部を歩いて郵便配達していた男。
自分の息子にその仕事を引き継ぐため、2泊3日の旅に出る…
派手なシーンとか、大きな感動とか、盛り上がりはありません。
でも、じんわりいい映画だった。

子供の頃からたまにしか家に帰って来ない父と打ち解けられず、「お父さん」と呼んだこともない息子。
でも共に旅をし、配達先の村々の人達と関わるうちに、父の仕事に対する信念、今までの心情を理解していく。

初めて「お父さん」と呼ばれた時、息子の眠る顔を見ている時、一人旅立って行く息子を見送る時…父の表情がいい。
そして旅の相棒の犬がいい演技してます。

「出て行った者は故郷のことを忘れ、自分の生活で精一杯になるが、待っている者は出て行った者のことを忘れない」

って感じの台詞がありました。
家族を思い出すお話です。

山の景色もすごくきれいし、ぼーっと癒されたい時に見るといいかと。
映画(TV放映) | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。