--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2010/02/03

ゴールデンスランバー

宅配ドライバーの青柳は、大学時代の友人に久々に再会し、「オズワルドにされるぞ」と謎の忠告を受ける。
その直後、凱旋パレード中の首相暗殺事件が発生。
突然警官に銃を向けられた青柳は、訳もわからないまま逃走するのだが…

これは原作既読。
そんなに数読んでないけど、伊坂作品で一番面白いと思った本です。
さすが本屋大賞。

とはいえ、そんなはっきり覚えてなかったけど(笑)
主要キャストに4人も並んでて、そんなに主な人いたっけ?状態。
キルオの存在なんてすっかり忘れてました。
なのに、入院中の2人はちゃんと覚えてたり。
まぁ、見てる間にそういえばそんな感じだったーと思い出しました。

今回キャストも豪華で、それぞれいい味出してます。
特に香川さんはやっぱ好きだわ。

濱田岳くんは、ヘタれ役しか見たことなかったけど、今回は雰囲気違います。
ちょっと電波というか、人として何か欠けてる殺人鬼役。
なのに、すっごいハマってる。
本を読んでて忘れてたキルオだけど、忘れられない登場人物になりました。

この監督と伊坂作品は相性がいいのか、ハズレないですね。
伊坂作品に通じる“やるせなさ”を上手く表現してると思う。
緊張感もあって面白い。

国家組織相手では、個人の力でできることなんてたかがしれてる。
無実は証明できず、社会的には抹殺されたけれど、信じることで命は助かった。

それまでの人生捨てて生き続けることが幸せなのか分からない。
けれど、彼が残した少しの「生きてる証拠」を見つけた人たちの喜びを見ていたら、生き続けて良かったのかもしれない。
不運としか言いようがないけど。
映画(劇場) | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。