--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/12/10

ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない

母をを事故で亡くしたことをきっかけに、ニート生活から抜け出そうとしたマ男。
情報処理の資格を取るも、最終学歴中卒で職歴もない彼は、中々就職先が見つけられない。
やっとのことで採用してくれたのは、とんでもないブラック会社だった…

原作、というかまとめサイトは読んでました。
映画化と聞いた時「いい話だったもんなぁ」と納得。
けど、小池徹平君が主役は違うんじゃ…。
どうしても「電車男」と比べちゃうけど、山田孝之がほんとにキモい感じを演じてたのに対し、徹平君はつやつや過ぎてニートになりそうに見えないんだよ。
まぁそれでも、「キサラギ」の監督作品だし、楽しみにして行きました。

徹平君は、やっぱりつやつやしてたけど頑張ってたし、他のキャストがイメージ通りだなぁと。

特に上原さん。
「運命じゃない人」以来、なんか気になる存在です。
元ネタでは、もっと悲惨な扱い受けてたけど、映画ではちょっとマイルド、かつ最後に笑いを入れてくれてほっとしました。

この話を読んで、IT土木という言葉も知ったし、うちの会社ってぬるま湯のような環境やなぁって感謝した。
けど、この程度じゃブラックだと思わない人も多いようで。
一体どんな会社で働いてるんだろう…。

2ちゃん発信の話だけど、「電車男」くらい住人とのやり取りとかつながりを描かないなら、いっそ全部カットしても良かったんじゃないだろうか。
映画(劇場) | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。