--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/11/17

蛮幽鬼

初生新感線。

上川さん、堺雅人さん、早乙女太一君が出るってすごいな。
絶対見たい!と手に入れた(取ってもらった)チケットなので、下調べすら全くなし。

会場でパンフチラ見して初めて知りました。
「モンテ・クリスト伯」がモチーフになってるとか。
それを知っても、内容知らないからネタばれにはならないけどね。

蓬莱国から果拿国に留学し、帰国を目前にして無実の罪で捕えられた土門の復讐劇。
生身の演技と映像で、状況はすんなり入ってきます。
原作知らなくても全く問題なしです。

捕えられた島で出会うサジと呼ばれる男との出会い。
サジの登場シーンはまるで「羊たちの沈黙」のレクター博士。

殺し屋に見えない暗殺一族最強の殺し屋。
女装して潜入捜査するその一族の生き残りとか出てくるし、なんか「デルフィニア戦記」のファロット一族を思い出すな。

大筋はシリアスだけど、1幕は結構笑いも入れてくれてます。
コール&レスポンスとか楽しい。
これはほんと生舞台ならではだよなぁ。
南港で座ってただけだーなんて、笑っていいのかどうかギリギリなネタ。
大ウケだったけどね(笑)

「おんなのまたぢからとかいてどりょくのど」
この台詞がちゃんと漢字に変換できた時は、確かにそうだと驚きと笑い。
あの女優さんは新喜劇でもやっていけるんではないでしょうか。

ラストに向かって、そんな息抜きもなくシリアスな展開に。
恨むべき人にも大切な人はいる。
だからといって、自分の憎しみを忘れることなんて簡単にはできない。
そして誰もいなくなったというか、復讐のむなしさというか。

殺陣も多くて、主要な方々の動きの違いも楽しめました。
上川さんは、やっぱ迫力。
早乙女太一君は、やっぱ舞を舞ってるみたいです。
拍手も起きてました。(踊りでね)
堺さんの殺陣は、なんかひょうひょうとしてる。

レミゼと同じくらい見終わった後、満足のため息ばかりこぼれました。
いつか「岩窟王」読んでみようかな。
舞台 | Comments(3) | Trackback(0)
Comment
No title
>三条さん
ほんとチケットありがとねー。
観に行けて良かった。
表情しっかり見える程近い席じゃないのに、堺さんが微笑んでるのって分かるよね。
で、太一君は後ろ姿だけでも立ち姿が綺麗。
ゲキ×シネは分からんけど、DVDは買ってるかも。
他の新感線舞台も見てみたいわー。

>chaguちゃん
堺さん好きのchaguちゃんは、生堺さんに満足やろねー。
私も生上川さん見れて楽しかったです(笑)
コール&レスポンスって、ほんとその場にいるからこその楽しみだよね。
こうして舞台の楽しさにはまっていくのね。
…危険。
No title
どの役者さんも「この人でなくては!!」
ってキャスティングでしたねv-238

…堺さん、素敵過ぎですっ!!!

『もんじゃ~い!』とか楽しかったw
観てきたよー!堺さんホホエミを飛ばしまくってた。
太一くんの殺陣はホントにすごいね!新感線の立ち回りは普通でも迫力あるけど
彼のは動きも速度も停止のキレも別格。美しい(うっとり)

一応子ども向きの「岩窟王」で予習して行った(笑)けど、
導入部分は使ってるけど二幕は別物やね。

明日で千秋楽。ゲキ×シネになったら絶対見に行く!!

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。