--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/10/29

悪夢のエレベーター

目を覚ますとひどい頭痛、そして目の前には見知らぬ人。
そこは急停止したエレベーターの中だった。
非常ボタンは作動せず、携帯電話は電池切れ、助けを呼ぶことができずに閉じ込められた男女4人。
見るからに訳ありな彼らは、互いの秘密を暴露し合うことに…

予告を見てる限り、好きなタイプの映画だろうと期待してました。

結果、話の作り自体は好きです。
予想の斜め上を行くような展開も。

ただなぁ…生理的にキモい。
そしてエグい。(主に、というか99%管理人が)

急に停止し、呼び出しにも反応がないエレベーターに閉じ込められた4人。
出所直後のヤクザ、人の考えを読み取れる超能力者、自殺願望のあるゴスロリ少女、妻の出産に立ち会うため急いでいるイケメン。

話が進むにつれ、皆で誰かを騙そうとしているんだなというのは想像がつきます。
で、裏事情が始まるとなるほどーと納得しだす。

その後また意外な展開に進んでいくっていうのは面白いんだけど。
もうちょっと普通に笑えるとか、実は起こってしまった殺人もどっきりとかだったら素直に楽しめたな。

ある種タイトルから連想するように「ホラー?」って思える内容でした。
しかもスプラッタ+サイコな感じ。
そう考えると、1つに色んな面白さまとめててすごいのかも。
映画(劇場) | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。