--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2005/05/24

Shall we ダンス?

「録ったまま放置ビデオを見る」第1弾。

先日見に行った「Shall we dance?」のオリジナル版です。
ハリウッド版がロマンチックで華やかなものだったのに比べ、オリジナル版は主人公やその周りの人の内面の変化が分かりやすかった。

特に草刈民代。
クールでプライド高いっていう設定がよく分かったから、主人公達の練習を見てる間に変化していくのが分かる。
例え台詞が棒読みなとこあっても、あの立ち姿、一人踊るダンスの美しさで帳消しです。
ちょっとダンスホールを馬鹿にした表情とかも良かったし。

役所広司もさすがというか。
演出もこれぞ日本のサラリーマンって感じ。
帰宅中の電車の中で立ったまま寝たり、朝一人早起きしてご飯食べたり。
ラストのダンスホールに行くまでの時間のつぶし方が、立ち食いそばにパチンコだもんなぁ。
毎日の自転車の乗り方で気分が分かるし。

最初のくたびれ具合を見て「さよなら、青い鳥。」っていうフラッシュを思い出しました。
扱ってる内容は全然違うので、ここで紹介するのも変なんだけど。

くたびれたように見えても、マイホーム建てるまで働いてるってすごいよね。
更にダンスを始めて生き生きしてくるのを見ると、やっぱ趣味というか生きがいみたいなものを持たないと駄目だよなぁなんて思ったり。

登場人物の心情とかダンスについてとか分かりやすいし、社交ダンスの気恥ずかしさとかやっぱ日本版の方が理解できる。
ハリウッド版も素敵だけどね。(特にモダンのダンス衣装は圧倒的に
映画(TV放映) | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
渡辺えり子も竹中直人も濃かったね。
あれを先に見てたらどうなるのか気になるわ。
ラテンダンスの人は会社では普通人って感じだったけど、白い歯とかハリウッド版ならではの笑いもあったし、ダンスを馬鹿にされた時踊って黙らせるとこなんてちょっと大人でしたな。

あとちっちゃい人!引越しのサカイだよね?ステップが軽やかなはずね(笑)

「さよなら、青い鳥。」はやっぱりOさんに教えてもらいました。役所さん見てテカテカのスーツっていうのを思い出してしまいまして。
あれはぐっとくるよね。就職活動中とかに見たらやばかったと思う。
オリジナル版の渡辺えりこ、わかりました?
ハリウッド版もなかなかハマッてたでしょ。
私は竹中直人のハリウッド版にものすごく期待をしていたので

「ちょっと違う~」と思ったけど、ダンスがうまかったから良しとするか(笑?)


ついでに「さよなら、青い鳥。」ものぞいてきたよ。
ちょっと泣きかけた(?!)
弱ってるのか、私!!

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。