--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/09/22

AIDA アイーダ

四季の舞台で見たけれど、体調不良によりそんなに細かく覚えてないんだな。

アイーダ役の安蘭けいさん。
元宝塚のトップスターらしいですが、男役やってたとは思えないくらい女性らしいです。
歌めっちゃ上手いし。
ラダメスに抱きしめられるとことか、あまりの華奢だし、こんな人がほんとに男役だったんだろうかと。
でも、カーテンコールでの挨拶は、舞台での台詞とは違って低めのお声で、あぁ男役だったのね…と感じました。

アムネリスも権力者としての意味も責任も知ってる頭のいい女性って感じで格好いいです。
ラダメス肉体美(笑)

悲恋だけれど、ハッピーエンドとも言えないことはない、愛に生きた2人の終わり方(←書いててちょっと恥ずかしい…)
宝塚作品だからーと言われて、なるほどと納得しました。
舞台 | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
No title
ふみちゃんに聞いてみたら、DVDとか持ってたりして。
すごい勢いではまっていってるし、1年後には宝塚は月に1回とか言ってるんじゃない?(笑)
No title
安蘭さん、ホント「女性」だったねー。
歌うまい。
宝塚版の「王家に捧ぐ歌」も見たくなっちゃったー。


管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。