--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/09/16

火天の城

信長から城の築城を命じられた熱田の宮番匠・岡部又右衛門。
「天下一の城」を築くため、途方もない命を次々と下す信長。
名だたる番匠との図面争いに勝った又右衛門は、総棟梁として安土に向かうが…

戦国武将じゃない人物にスポットを当てた、あまり見たことのない戦国時代。
庶民から見た視点というのも面白いです。
城造りとか全然知らなかったし。
重機もなにもない時代、人の手によって巨大な建築物を建てる苦労。
材料探しからして大変なんだな。

杣人とのやり取りはもうちょっと描かれてても良かったのに。
又右衛門のどの辺が、「杣人の気持ちをわかってくれる人」だったのか分からない。

でもまぁ大黒柱を立てる時とか、日々の職人の様子とか面白いです。
キャストも大河並みに豪華だし。
豪華過ぎて、かつての役と混乱するくらい(笑)

基本地味に進んでいくのに、ちょっと微妙なシーンも。

ワイヤーアクションはちょっといらんかったなぁ。
普通のアクションでいいかと。
又右衛門の娘可愛いんだけど、衣装が派手すぎる(どこのお大臣の娘さんか)のと、そこだけ内容現代的すぎるというか。
ココリコの遠藤は何の役だったんだろう?
堺の商人?

ちょこちょこ盛り込み過ぎって感じで、残念。

しかし、杣人が命をかけあんなに苦労して建てた安土城、たった3年で焼け落ちてしまうなんて勿体ないな…
映画(劇場) | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。