--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/09/01

女の子ものがたり

36歳の漫画家・菜都美は現在スランプ中。
新しい編集者の財前には、日頃の怠惰な生活を見て「友達いないでしょ」と言われる始末。
けれど、そんな菜都美にも忘れられない友達がいた…

西原さんの漫画は「ぼくんち」しか読んだことないです。
初めて読んだ時は、かなり衝撃でした。

この映画は、深っちゃん主演で女の子の友情物語だから結構きれいな印象だけど、
やっぱあの本描いた人だけあって、人生ハードです。

幼い頃なら何も区別せずに一緒にいれたのに、成長するにしたがって変わってくる環境。
苦労が当たり前で、家族そろっての幸せな生活なんて知らない。
自分では不幸だなんて思ってないのに、見下されてるって感じる。
一方は、なんで我慢してまでそんな生き方選んでるんだろうって思う。

でも、あの「2度と戻ってくるな」の言葉は、3人とも通じ合ってた。
不幸じゃないって言いながらも、どこか我慢してるから違う人生を託したんだろうな。

親友なんて恥ずかしいって言いながら、生き方は変わってもずっと繋がってるって思える友達。
バラバラになって、二度と会えなくなったけど、そんな風に思える人にはもう出会えない。
そんな相手に会えたこともだし、そう思える関係を築けたって結構すごいことだよな。
映画(劇場) | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。