--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/08/24

パコと魔法の絵本

「お前が私を知っているというだけで腹が立つ」が口癖のクソジジイ・大貫。
一代で会社を築いた彼は、大金持ちだけど我儘放題の嫌われ者。
病に倒れた大貫が入院した病院にいたのは、風変わりな医者や看護師、患者ばかり…

「下妻」や「松子」よりもビビットな色彩。
上川さんの緑タイツとか、國村隼さんのジュディ・オングとかはじけ過ぎ…。
阿部サダヲだけははじけてても普通(笑)
舞台みたいですごく楽しい。

子供の絵本のように分かりやすい道徳を謳いながら、大人にとっても優しさがあふれてる。

弱い部分を持ってるのは悪いことじゃない。
辛いことを辛いって言える相手がいるって幸せなこと。
涙の止め方。

ディズニーのように万人受けするわけじゃないだろうけど、私はこっちの方が好きだ。

映画(DVD・ビデオ) | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。