--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/08/21

アマルフィ 女神の報酬

クリスマス目前のイタリアにやってきた矢上紗江子と娘のまどか。
亡き夫との思い出の街を観光している最中、まどかが失踪する。
日本人大使館に赴任したばかりの外交官・黒田は、通訳しているうちに誘拐事件に巻き込まれていく…

天海さんが格好いいと聞いていましたが。

この映画、主役天海さんじゃないかと思うくらい素敵です。
たった2時間なのに、それまで生きてきた姿さえ感じさせるような演技。
ナンパを振り切る時の目力とか、バルコニーで泣き崩れるシーンなんてほんと見入ってしまいした。

邦人誘拐事件から発展した、セキュリティ会社乗っ取っての犯罪。
G8、G8言ってるし、同時テロでも起こるのかと思いきや、人情味溢れた犯罪。
(…犯行に対する同情を誘うというか)
まぁ話が大きくなると、日本だけの問題じゃなくなるしね。

キャストがやたらと豪華です。
大塚寧々とか伊藤淳史とか、それだけ?というチョイ役ぶり。
織田祐二と福山さんの共演ってニュースになってた気がするけど、ちょっとしか出てこなかったな。

しかし、織田祐二×佐藤浩市、原作真保裕一って「ホワイトアウト」と同じやなぁ。
まぁ佐藤浩市好きだからいいんだけど。

大作て期待してた分「う~ん」って思うこと多いけど、大作らしく楽しめました。
しかし、なんでお正月映画にしなかったんだろ…?
ついでに「アマルフィ」に込められた意味はわかるけど、「女神の報酬」って何だ?
映画(劇場) | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。