--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/08/12

東南角部屋二階の女

古アパートに引っ越し、会社を辞めることにした野上。
そのことを隠したまま見合いをした涼子と、野上と共に会社を辞めた三崎が同じアパートに引っ越してくることになった。
野上は、祖父の土地に建つアパートを売却するという思惑があったのだが…

アラサーの悩み。
最近はこの年代の自分探し?を描いた映画が多いのか、私が惹かれていってるのかどちらだろう…。

親の借金を背負い、祖父の持つ土地を売却して返済に充てようとする野上。
フリーのフードコーディネイターという不安定な職業ゆえ、親に結婚をせかされる涼子。
仕事で責任を負うことが面倒になり逃げ出した三崎。

どこにでもいそうな3人。

それでいいのか?と人の生き方に意見は言えても、だからどうすべきか、自分ならどうするかなんてはっきり答えられない。
中途半端だけど、皆そんなもんだよね。

全て投げ出したくなる時もあるけど、重荷背負ってでも守ろうとしたい優しい気持ちも持ってるんだよ。
と思わせるラスト。
応援するほど積極的じゃないけど、二階角部屋に当たる日の光みたいにちょっと暖かい。
映画(DVD・ビデオ) | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。