--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/07/27

砂時計

両親の離婚により、島根にある母親の実家にやってきた杏。
同い年の大悟と仲良くなり、島根での生活に馴染み始めたある日、母親が失踪する。
1人残された杏を支えてくれたのは、大悟だった…

これは原作既読。
昼ドラもたまに見てました。

主人公のトラウマに焦点あてた作りになってて、少女マンガらしいドキドキの部分はほとんどカットされてるというか。
幸せな時間よか、悩んでる時間のが長い…。

まぁ島根の自然が綺麗だし、再生の話に限ったらしっとりとまとめてるのかもしれないけど。
対象年齢がわからないな。

原作では小学生から20代半ばくらいの長さの話だし、若干急展開な感じはします。
藤君とのエピソードとか、かなり削られてたし。

夏帆好きな人にはいいかなー。
映画(DVD・ビデオ) | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。