--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/06/24

守護天使

1日500円のお小遣いで鬼嫁と暮らす、さえないサラリーマンの須賀。
落した500円玉を拾ってくれた女子高生に一目惚れし、彼女を危険から守ることを決意する。
ところが、知り合いの引きこもり青年・大和に彼女の乱れた生活を書いたブログを教えられ…

「キサラギ」の監督作品だったので、すっごく期待して行きました。
結果、隠された真相みたいな驚きとかはなかったけど、普通に面白かったです。

ちょっとキモいサラリーマンが天使のような女子高生に恋をして、ストーカー紛いのボディーガードをする。
ポジション的には塚地でもいいんじゃ…って思ってたけど、カンニング竹山合ってるなぁ。

普通に恋をしても、ストーカーにしか思えない。
中年男の哀愁というか、頑張ってるけどサマにならないこととか。
とある写真撮影のシーンなんて、竹山じゃないとあの笑えるような、情けないような、キモいような微妙な感じは出なかったかも。

佐々木蔵之介もかっこよかったです。
でも、迫力も腕力も個性も最強だったのは寺島しのぶでした。

みっともなくても、“好き”という気持はすごいパワーだわ(笑)
映画(劇場) | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。