--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/06/17

ウルトラミラクルラブストーリー

青森で農業をしながら一人暮らす水木陽人は、子供のように動き回る町の変わり者。
ある日陽人は、東京からやってきた保育士の町子先生に一目惚れする。
町子先生に嫌がられながらも猛アタックする日々を送っていたある時、驚くような出来事が起こり…

うー。

しょっぱなから方言全開。字幕をつけてくれ。

松ケンの演技力はすごいと思います。
ただストーリーが意味不明です。

町子先生の死んだ元カレが首なし状態で出てきて、陽人と普通に会話してるのはいいんです。
農薬浴びて意識不明だったし、夢オチみたいなもんだろうと思ってたから。

え…でも現実?

農薬浴びまくって一度死んだはずなのに、心臓止まったまま生き続けていたその理由とは?
町子先生かなり引いてたのに、数日で同棲状態になってる理由とは?
良くわかんないけど、ウルトラミラクルなラブストーリーだから、それもまぁいい。

わけわからないのは、ラスト。
小熊に陽人の脳みそのホルマリン漬け投げつけて、そのお食事シーン。
やってることはレクター博士と近いぞ…。

好きな人は好きかもしれませんが、私には合いませんでした。
映画(劇場) | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。