--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/04/21

大阪フィルハーモニー交響楽団 大植英次スペシャル

またもクラシックコンサート。
今年はクラシック率が高いです。

まずは、スメタナの歌劇「売られた花嫁」序曲。
多分知ってるよと言われたけど、全く聴いたことなかったです。

続いて、シベリウスの「ヴァイオリン協奏曲」
これも初めて。
ヴァイオリン協奏曲を聴くのも初めて。
同じ楽器がたくさんあるなかで、ソリストの音がちゃんと聴こえるってすごいなぁなんて、
いかにも初心者なことを考えておりました。

聴きなれない曲だからか、ちょっと寝そうになりましたが(笑)
ヴァイオリンの音は綺麗だと思ったし、迫力ある演奏でした。

そして、これがお目当て。
チャイコフスキー「交響曲第5番」
何度も聴いたことある曲だけど、全く違う曲かのようなテンポ。
ちょっとびっくり。
で、演奏もだけど、指揮者の動きに注目。

ぶつかるんじゃないの?というくらい演奏者に近かったり、指1本立てて直立してたり。
踊ってるような、休んでるような。
見てて飽きないというか、見てると目が離せないというか。
かなり楽しい指揮でした。

大フィルさんは、なんかアットホームというか、仲良さそう。
ソリストさんが練習なしで引っ張り出されてアンコール演奏したり。
ぶっつけ本番なのに暗譜だったし、やっぱ子供の頃から楽器に触れてる人は違うのね…。
「タイスの瞑想曲」という、どこかで聴いたことのあるクラシック曲だったせいもあるかもしれないけど、
協奏曲より好きだわ。
瞑想っていうより子守唄みたい。これは寝そうにはならなかったけど(笑)
音楽 | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
No title
あのコンマスさん有名なのね。
若いのにすごいよね~。
大フィルさんってすごく楽しそうなオケだよね。
また聴いてみたいが、京都に来るのは年1回らしい。
ま、大阪ならすぐ行けるんだけどさ。

更新…まめにしようって思ってたのに、えらく溜めてしまって。
今度こそちゃんと書く(笑)
No title
うらやましいっっっっっっ。
これ、めっちゃ聴きに行きたかったの。でも平日だったし‥。
大フィルのコンマス、シベリウスでソロしてた長原君のヴァイオリンがめちゃめちゃ好きで。
彼はホント楽しそうに演奏するよねー。お気に入りです☆

久しぶりの大量更新に、どこからコメント付けて良いやら。。。(笑)

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。