--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/04/16

バブルへGO!! タイムマシンはドラム式

800兆円の借金を背負い、経済の破綻は目の前に迫っている2007年。
バブルの崩壊が原因だと考えた財務官僚の下川は、タイムマシンで過去に戻り、バブル崩壊を食い止めるという計画を立てる。
しかし、無事1990年に行ったはずのタイムマシンの発明者が消息を絶ってしまい…

バブルの時代って子供だったからなぁ。
TVでジュリアナとか見てても、大人の世界で関係ないものでした。(田舎だし)
この映画で描かれている生活がそのままだったら、ほんとすごい時代だったんだな。

だからバブルを全く知らない主人公と同じように、ありえなさを楽しめました。
確実に別の時代に行くってわかってるなら、一応服装とか浮かないように当時のものを用意するんじゃないかと思うけど。
でもまぁ、そんなことしたら比較で楽しむことができないもんな。

経済用語とかも出てくるけど、難しいことは気にせず気楽に楽しむべし。
映画(DVD・ビデオ) | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。