--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/04/06

小澤征爾音楽塾 オーケストラ・プロジェクトⅠ

一般発売日当日のお昼には売り切れ。
京都コンサートホールに直接電話して、なんとかチケットゲットです。

まずは、ラヴェル「マ・メール・ロワ」
のだめでも使われてた可愛い曲です。
物語が想像できるっていうか、ジブリやディズニーの映画を見てるみたいに、音楽で場面が想像できそう。
CDは借りたけど、そんな聴きこんではいなかったのに、聴き惚れてしまいました。
バレエ音楽だったらオケピに入ってて見えないだろうけど、弓を返す動きも踊ってるみたいできれい。

そして、ベートーヴェン「交響曲第7番」
またものだめ。ドラマで使われて有名になった曲です。

有望な若手が集まってのエネルギッシュな演奏は、まるでR☆Sオケを想像させるものでした。
4楽章なんてすっごくスピーディで迫力あって、音楽聴いててドキドキしたのは久々かも。
演奏してる人が若いとは言え、指揮されてる小澤さんはすごいな。
今回は席が遠くて全景を見ていたせいもあるかもしれないけど、
指揮者の元一丸となって、1つの曲を作ってるってすごく感じさせられました。
大満足のコンサートでした。
音楽 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。