--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/04/01

悲夢(ヒム)

別れた恋人の車を尾行している途中で、事故を起こす夢を見たジン。
あまりのリアルさに心配になって現場に向かうと、実際に事故が起きていた。
しかし、監視カメラにはランという女性が車を運転している映像が映っており…

しょっぱなから???
韓国舞台、オダジョー以外全員韓国人なのに、なぜかオダジョーのみ日本語。
なのに会話が成り立っている。
(決してお互い完璧にヒアリングができているという設定ではない)
なんでこんなことになってるのかは分かりませんが、それは慣れてきてどうでもよくなりました。

ジンの見た夢の通りに、意識のないままで行動しているラン。
望まない行動をさせられているから、ジンに寝るな、夢を見るなと訴えます。
とはいえ、眠らないなんて無理なことだから、一緒の場所で交代で眠ったり、手錠で互いを繋いだりするんだけど、解決にはならず。

寝ないための、自分拷問痛いです。
だんだん何が夢か、誰の現実かよく分からなくなってくる。
そして最後に救いがない。

ちょっと「うーん…」という映画でした。
映画(劇場) | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。