--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/03/18

ジェネラル・ルージュの凱旋

チーム・バチスタの事件から1年後。
院内の倫理委員長を務める田口のもとに、救命救急センター長の速水が医療業者と癒着しているという内部告発文が届いた。
院長命令によって調査を開始した頃、同様の告発文を受け取ったと厚生労働省の役人・白鳥が現れる…

「チーム・バチスタの栄光」の続編です。

今回は推理モノにも、病院モノにも偏り過ぎず、色んな人に楽しめる話だったんじゃないかな。
阿部ちゃんはそんなに活躍していませんでしたが。
でも、あの存在自体が濃いからいいか(笑)

竹内結子も、ほてほてっていう動きがかわいい。
なんか癒されます。

で、今回なんと言っても、堺さんが格好良い。
めっちゃ好きな俳優さんだったわけではないけど、演技上手いし気になる俳優さんになってきました。
腕は確かだけど、ワンマンな暴君だと思わせておいての捨て身ぶり。
しかもちゃんと部下を信頼してる。
男前すぎるぞ。

医療メーカーからの利益供与を受けたかという査問中に、過去を彷彿させる事故が発生。
走る救命センターのメンバー。
今度は絶対断ったりしないという覚悟でのぞみ、メーカーから得た担架で準備万端。
医療ヘリまで飛び出して、出来すぎだけどそれでこそ満足感が得られるってものです。

ジェネラル・ルージュという異名の由来は、ちょっと感動するじゃないか。
原作読んでみたいなぁ。

どうでもいいことだけど、「チュッパチャップス」じゃなくて、「チュッパチャプス」なんですね。
映画(劇場) | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。