--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/03/17

サムサッカー 17歳、フツーに心配な僕のミライ

17歳のジャスティンの悩みは、親指を吸う癖が治らないこと。
両親や学校の先生には心配され、歯科医には催眠術をかけられる。
しかし、事態は悪化。注意欠陥多動性障害と判断され、抗鬱剤を勧められる始末。
薬のお陰で驚くほど優秀なスピーチができるようになるけれど…

親指しゃぶりが治らないジャスティン。
母親はそのことを気にしてジャスティンのことばかり。
親にとってはどっちも大事な子供だっていうけれど、放っておかれてる弟は寂しくもなるよな。
そしてしっかり者になる。

薬の効果が出て、弁論部のエースになるも、今度は自慢の息子というには立派になり過ぎて。
両親も教師も、口が立ち過ぎてかなわない。

誰だって、すごい苦しみを負ってるわけではなくても、何らかの心配や不安は持ってる。
完璧な人間なんていない。
催眠術にも薬にも頼らない、落ち着くための方法は…

ありのままの自分を受け入れること。

それって結構難しいんだけどね。
映画(DVD・ビデオ) | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。