--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/03/16

ベンジャミン・バトン 数奇な人生

80代の老人で誕生し、そこから徐々に若返っていくという身体のベンジャミン・バトン。
両親はショックで彼を手放すが、心優しい女性に拾われ、成長していく。
彼の誰とも違う人生とは…

うーん。
長いです。
結構面白そうだと期待していたんだけど、長いと感じるくらい入り込めませんでした。。。

80代の老人として生まれて、だんだん若くなっていくという不思議な設定なんですが。
誰とも違うけど、その割に特殊さを感じさせない人生を見た気がします。

女性にとって、恋人が若くなっていくのに自分だけが年老いていくって辛いかもしれないけど、
一緒にいることができないのとどちらが辛いんだろう。
ベンジャミンが離れていったから、夫と子供がいる普通の幸せを得たんだけど。

結局は最期を共に過ごした2人は、それまでどう過ごそうと縁があったんでしょうね。

生まれたばかりの赤ちゃんも、認知症で歩けなくなった老人も、顔にしわがあるかどうかの違いだけで同じだなと感じました。
映画(劇場) | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。