--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/03/05

ハルフウェイ

受験を控えた3年生になって付き合い始めたシュウとヒロ。
ある日、ヒロは友人からシュウが東京の大学を受験すると聞く。
行くか行かないかはっきりした答えを返さないシュウに、離れるのは嫌だと言ってケンカになるが…

描いている日常はリアルです。
ただ、登場人物皆きれいだから、リアルな感情の割に現実的でない世界だけど。

好きな人とずっと一緒にいたいから進路を黙ってたこと許せない。
でも、自分の一言で進路変えちゃったら、それはそれでいいのかなって思う。
悩むのわかるけどね。
北海道と東京で4年間も離れてたら、そりゃ駄目になる確率の方が高くて不安になるだろうさ。
けど、恋愛体質じゃないからか、あまり共感はできませんでした。
自分の本心隠さず行動できることへのやっかみもあるのか…?(笑)

「花とアリス」では犯罪紛いのまねした花にも可愛らしさを感じたけど、今回のヒロはちょっとイラっとする。
そんな我儘もまたリアルなんだけど。
シュウは自分のやりたいこともすぐに迷って、笑って誤魔化すようなヘタれではあるけど、優しいしわな。
勉強しようっていう時に、ガンガン内容のない電話とか掛けられたら無視します。
って好きだから許せるんだろうけど。

10代とか20代前半で見てたら、違った感想持つだろうけど。
それか同じ経験した大人は懐かしく思い出すだろうな。

最後の涙いっぱい溜めた目で、「東京行かないで」っていうのは、もう止められらないし、離れても頑張って欲しいけど、どうしても抑えきれない本心って感じで良かったです。
あれで終わり?っていう終わり方だけど、あれ以上はいらないな。
映画(劇場) | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。