--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/01/12

華麗なる歌声の饗宴 京から響く文化の鼓動

初めて当たった京都女子大学ニューイヤーコンサート、行ってきました。

まずは校歌でスタート。
弦を伴奏に四重唱。
なんか自分が歌ってた歌と違うみたい。
綺麗な歌だけど、学生が普通に歌える歌じゃないよなw

学長の挨拶が終わると、第1部「仏教讃歌」
「衆会」「あま茶」「花」「やさしさにであったら」「ありがとう」の5曲。
これはもう懐かしいにつきます。(「あま茶」は知らなかったけど)
自分が歌ってたのとは、雲泥の差の表現力ですが。
ちょっと歌いたくなりました。

上記の順で歌っておられたのですが。
「あま茶」という曲の作詞作曲の斬新さに、パンフレットで歌詞確認する人多数。
紙をめくる音が止むまで次の曲に入らなかったくらい。
こんなことは初めてだ(笑)


第2部は喜歌劇「こうもり」のハイライト。
この曲は聴いたことありませんでした。
けど、ソプラノの先生がナレーション入れてくれて、話の筋は分かりました。

しかもその先生、めっちゃキュート。
ドイツ語?だけど、身振り手振りでなんとなく内容わかる気がするし。
1度ちゃんと聴いてみたいな。


そしてラスト第3部。
これを聴きに行ったといっても過言ではない「オペラ座の怪人」ハイライト。
大好きなオペラ座。
そして声を考えても、絶対我らが指揮者の先生がファントムだと思っていました。

女声の先生方は衣装替えをして登場。
ソプラノのキュートな先生は真白なドレスを着て、明るいクリスティーヌを。
アルトの先生は黒地のシックなドレスを着て、悩むクリスティーヌを。
そして期待通りのファントム。しかもマスクまでつけてのサービス付。
写真撮りたかったー。(←単なるミーハー)

どの歌も生歌の迫力でした。
テノールの先生はラウルを演じるにはちょっとお年を召している感じですが、いいお声。
オペラ座はどの曲も好きだし、どの歌も良かったけれど、ファントムの「The Music fo the nigth」がもう最高でした。
先生かっこいい。
声すごいいい。
できることなら歌だけでなく、ミュージカルとして見たい。(四季も好きだけど、先生の怪人通しで見たい)

アルト単独の歌で終わり、しかも話の内容ナレーションで説明というラストは締め方難しかっただろうな。
けど、聴いてる側にはメジャーな曲がたくさん出てきて楽しかったです。

これだけのコンサート、ほんとに無料でいいんですか?っていうくらい大満足でした。
あぁしあわせ。
音楽 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。