--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2008/11/25

オリバー・ツイスト

救貧院で暮らす孤児のオリバー・ツイスト。
厳しい仕事、少ない食事に耐えかね、くじで選ばれたオリバーは、皆の代表として粥のおかわりを求めに行く。
しかし、教区から問題児と見なされ追放されてしまい…

全く知らなかったけど、有名な話で何度も映画化されてたんですね。

19世紀の英国って、紳士淑女、あるいはメイドは色んなメディアで見るけど、最下層の子供の生活を見ることはあまりなかったな。
きらびやかな上流階級と違い、厳しい暮らしです。

葬儀屋で働くことになるも、厳しい奥さんと意地悪な先輩から逃げ出す。
ロンドンに向かう途中行き倒れ、老婦人に助けられる。
住む場所すらないロンドンで、子供同士助け合って生きている窃盗団に誘われる。
そして、とある老紳士に拾われる。

自分から行動するというよりは、何かに守られるように流されて生きているような。
「いつか絞首刑になるぞ」と言われながらも、悪いことしてないし、悪事に手を染める前にその場から逃れられてるし。

世界名作劇場でやってたら面白そうな話でした。
映画(DVD・ビデオ) | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。