--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2008/11/17

魍魎のの匣

戦後間もない東京で、少女バラバラ殺人事件が発生する。
元女優の美波絹子から、姿を消した娘を探して欲しいと依頼された榎木津。
同じ頃、関口、鳥口、敦子の3人は、不幸を箱に閉じ込めるという御筥様について調べ始める…

原作からは結構変わってます。
まぁ辞書とか凶器とか言われるくらいの厚みの本を、2時間そこそこにまとめることがすごいというか。
原作読んでない人についていけるのか…と心配になりましたが、そもそも原作知らない人はあんまり見ないか。

この話は木場修メインってイメージだったけど、そこは上手く他の人に分散されてるかな。

ただねー。
京極も榎木津もフットワークやけに軽いし、関君は滑舌よすぎ…
キャラ違う気がする。

荒川良々さんの和寅は、なんか和んだ。
映画(DVD・ビデオ) | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。