--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2008/10/31

グーグーだって猫である

吉祥寺在住の漫画家、小島麻子。
彼女は、愛猫のサバが死んでしまった時から、ショックで漫画が描けなくなってしまう。
ある日、アメリカンショートヘアの子猫と出会った麻子さんは、グーグーと名付けて一緒に暮らし始めるが…

謎の外国人英会話教室の講師による吉祥寺の説明。
ちょっとくどい梅図かずお。
森三中のチャンバラとかいるのか?

と、不思議要素満載。
特に猫好きでもないし、大島弓子は読んだことないです。
猫の話というより、天才漫画麻子さん(とその周囲)の日常でした。
猫好きにはたまらないのかな?という映像はあります。

眠くなるくらいゆるい感じは良かったかな。
映画(劇場) | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。