--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2008/10/27

ブロードウェイ♪ブロードウェイ コーラスラインにかける夢

ブロードウェイの伝説的ミュージカル「コーラスライン」再演がされることになった。
19人の出演者を選ぶため、8ヶ月に渡って行われたオーディションに密着したドキュメンタリー。

コーラスラインというミュージカルについては何も知りませんでした。
有名な曲は聞いたことあったけど。
「舞台に立ちたいを望む役者たち自身の物語」だから、この舞台に対する思い入れも強いんだとか。

ブロードウェイの舞台に立ちたいと願い、その選考に残っていく人たちの努力や個性。
毎日ダンス漬け。
踊っていない自分は想像できない。
それでも震えるほどの緊張。

前の演技の方が良かったと言われても、それを思い出せず選考から外される人。
自分のダンスに絶対の自信を持っているから、今回が駄目でもまた次のチャンスがあると前向きな人。
友人同士で同じ役を争う羽目になった人たち。

特に印象に残ったのは、演出家さえも泣かせた演技をした人。
ほんとオーディションだなんて思えない。
彼の演技を見ていたら、彼自身の話をしているんじゃないかと錯覚しました。
役の苦しみが自分自身の苦しみのように泣いている姿を見ていると、こちらまで泣きそうになる。

そんなすごい選考を抜けて舞台に立つごく僅かな人たち。
ブロードウェイの舞台が素晴らしかったのに納得です。

オーディションが中心なので、本番はちょっとしか映りませんでした。
舞台見てみたいなぁ。
映画(劇場) | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。