--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2008/09/24

おくりびと

所属していた楽団が解散することになり、チェロ奏者の夢を諦め故郷の山形に帰った大悟。
“旅のお手伝い”をする仕事の求人を見て面接に向かうと、好条件で即採用。
その仕事内容は、遺体を棺に納めるという“安らかな旅立ちのお手伝い”だった…

納棺師という仕事を初めて知りました。

音楽だけをやってきた大悟は、田舎に戻り、取り合えず生活のために納棺師になります。
しょっぱなからマニュアル映像のために死体役を演じ、初めての納棺は独居老人の腐乱死体。
すぐにでも辞めたくなるだろうな…。

けれど、社長の納棺の様子を見、遺族に感謝され、亡くなった人の最後の姿を綺麗に整える仕事に誇りを持っていきます。
もっくんが自分で納棺する時の所作なんてすごく綺麗。

死に関わることを仕事にすることに対する周囲の差別や、妻の反対。
更には、もっくんの生き別れのお父さんとの確執なんかが関わってきて、とっても日本人好みの内容になってます。
役者さん上手いし、結構笑えるシーンもあって満足でした。

父親が亡くなったという知らせが届いた時、どれでも好きなもの(棺)を持っ行けと言ってくれた社長。
あれだけ反発してたのに、選んでるのは一番高いのか!と感動のシーンなのにニヤリ。

遺族の前で適当に棺に納める葬儀屋がいるのかは分からない。演出かもしれない。
ただ遺体であっても尊厳を守り、美しくしてもらえるって救われるというか、遺族にとって大切なことだな。

じんわりいい映画でした。
映画(劇場) | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
No title
昔もっくんがドラマでチェロ弾いてるの見たことある気がする。
映画のためじゃなくほんとに弾けるのかな。

山崎努の白子を食べるシーンと、余貴美子のお父さんに会いに行ってというシーンは、特に印象的。
出てる役者さん皆良かったよね~。
親世代に特にお勧めしたい映画だわ。
No title
私も「おくりびと」見てきました。
もっくんの抑えた感じと山崎努さんの生々しいリアルな感じが
すごいバランス良かったです。
人の最期にはチェロが似合うね‥久石譲さんの音楽すばらしい(^-^)

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。