--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2008/08/28

西村智実指揮 大阪フィルハーモニー交響楽団

チャイコの交響曲第5番が演奏されると聞いて、チケット取ってもらいました。
西村智実さんの指揮だけあって、満席です。

まずは、ヴェルディの歌劇「運命の力」序曲
知らない曲だけど、かっこいい。
曲もだけど指揮もかっこいい。

次は、スメタナ「わが祖国」より"ヴィシェフラド”と“モルダウ”
モルダウは有名な曲だけど、有名なフレーズしか知らなかったことを知りました。
結構長い曲だったのね。
“ヴィシェフラド”っていうのは全く知らなかったし、ちょっと眠くなったりー。

そしてついにチャイコフスキーの交響曲第5番。
この人のテンポって好きやなぁ。
派手なこととかきたーって感じで気持ちいい。
3楽章だったか、笑顔で振ってますよ。
ちょっと惚れますよ。
やっぱこの曲大好きです。

アンコールの際、オケの後ろの客席の人、全員スタンディングオベーション。
西村さんのファンクラブとか?
だから指揮者の顔が見れる席なんだろうか?

で、アンコールの曲は、ハンガリー舞曲第5番。
ためとかたっぷりとったりして、一番自由で楽しそう。
やっぱアンコールはこうでなくてはね。

大満足のコンサートでした。
音楽 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。