--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2008/07/30

乙女の祈り

周囲に不満を持ち、学校になじめずにいるポーリーンの前に、イギリスからの転校生ジュリエットが現れる。
二人はすぐに親友同士となり、二人だけの空想の世界を作り上げる。
幸福な日々を送っていたが、仲が良すぎることを心配した両親たちによって引き離されることになり…

ケイト・ウィンスレットが若いです。
これでデビューだとか。

この話、実話を元にしてるとこが怖いです。

周囲を馬鹿にし、誰とも打ち解けなかったポーリーンは、賢く美しい転校生のジュリエットに夢中。
病気や両親の上辺だけの愛情に孤独を感じていたジュリエットも、ポーリーンと作る空想の世界に浸ります。
あまりに仲が良すぎるため、同性愛を疑われるくらい。

心配した両親が二人を引き離そうとした結果、彼女たちが行き着いたのは、邪魔をする人間を殺そうという発想。

濃すぎる結びつきだけで、同性愛には見えなかったけど。
他に世界を広げない二人を心配するのも分かるけど、大人になれば自然と落ち着いただろうにな。

ポーリーンは、ジュリエットに会うのを邪魔する母親を憎み始めます。
再び引っ越すジュリエットについて行きたいなんて行っても、親が許可するわけないのに。
邪魔する人間が悪いって考える幼さと思いの強さが怖い。
(にらむ表情も怖い)

最近すぐにキレて、家族さえも殺すという事件が増えたけど、昔からそういう事件はあったんだよなぁ。
映画(DVD・ビデオ) | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。