--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2008/07/25

亀は意外と速く泳ぐ

単身赴任の夫に頼まれ、亀に餌をやることが日課の平凡な主婦・片倉スズメ。
スズメはある日、スパイ募集の張り紙を見つける。
面接の結果スパイになることになり、活動資金500万円を渡されるが…

亀は出てくるけど、タイトルと関係あるのは予告だけでした。

主役の上野樹里はだんだん若くなってる気がする。
この時でもあんまり主婦には見えないんだけど。

監督は時効警察の人で、更に上を行く不思議具合でした。

普通の主婦がスパイになる話。
でも、スパイっぽい行動は何もなくて、目立たないために「そこそこ」の生活を送る。
「そこそこ」を意識すると、緊張感もあるけど普通の主婦の生活のまま。
何があったかと思い出すと、特に何もないけど、ちょこちょこニヤっと笑えます。

こういうユル系映画は好きだけど、続くとお腹いっぱいになるかな。
時々がいいね。
映画(DVD・ビデオ) | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示
« 乙女の祈り | HOME | 生きる »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。