--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2008/07/23

百万円と苦虫女

アルバイトをしながら実家で暮らす就職浪人中の鈴子。
バイト仲間とルームシェアを計画するも、思わぬ事態から警察の世話になることに。
弟から責められた鈴子は、100万円たまったら次の場所に引っ越すという"自分を探さない旅”を始める…

バイト仲間の彼氏に拾った子猫を捨てられ、腹いせにその男性の荷物を全部捨てた鈴子。
そこまでするかと驚きましたが、そういうことでも前科者になっちゃうのね。
警察沙汰になったことから地元に居づらくなり、百万円たまったら次の町に引っ越す鈴子。

海辺の町では、カキ氷作りの才能を発揮するも、ナンパを避けて引越し。
山間の田舎では、桃もぎりの才能を発揮するも、桃娘に選ばれそうになり引越し。

そしてやってきた地方都市。
期間限定の出会いを求める人もおらず、濃すぎる人間関係もない。
けれど、そんな町のバイト先で出会った中島君と付き合うことになります。
幸せな生活も、中島君が鈴子にお金を要求しだし、不審と我慢が始まる。

ある日、同じように同級生からいじめられていた弟から手紙が届きます。
人とぶつかり合っても負けずに自分の思いを伝え、避けるのではなく分かり合う大切さを知った鈴子。

中島君が鈴子にお金を要求する理由が、彼女を次の町に行かせないためだったらいいなぁという乙女願望(笑)は満たしてくれます。
なのに、追いかけて駅まで来てあと少しというところですれ違い。
目が合ったと思わせて、「来るわけないか」

まじですか?

でもそれがいい。
ベタな恋愛ものにならなくて。
映画(劇場) | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
No title
あそこで会えたら、往年のトレンディードラマというか。
それまでのノリと変わっちゃうというか。
「えーっ」って思わせてくれるとこが楽しかったり。
でも、先はちょっと明るい感じで、あれもまたハッピーエンドかなって気がした。
No title
乙女願望(笑)ばっちり満たしてもらいました。

見た直後は「そこですれ違っちゃうの~e-43」と思ったけど
全体としては、それでよかったんよね。

管理者のみに表示
« 生きる | HOME | エデンの東 »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。