--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2008/07/08

ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ

東西冷戦時代の東ドイツに生まれたハンセル。
彼はアメリカでロックスターになるという夢を叶えるため、性転換手術をして米兵と結婚する。
手術ミスで"怒りの1インチ”を残したまま、名をヘドウィグと変え、渡米するのだが…

歌を通して語られるヘドウィグの半生。
夢のため性転換して渡米するもあっさりと捨てられ、それでも何とか音楽活動を続ける。
そんな時出会った年下のトミー。
彼に音楽と愛を与えるけど、男だと黙っていたこともあり、トミーは去っていく。
更に2人で作った音楽も奪われ、トミーはスターに。
彼を追いかけるように場末のステージで活動を続けるヘドウィグ。

音楽は特に好きなジャンルではありません。
良いのか悪いのかもよく分からないけど、気持ちこもってるのは伝わってくるというか。
自分の半身を探す歌は綺麗だったな。

ヘドウィグは、メイクにカツラの姿よりも、スッピンの方が色っぽいと思いました。
特にまだ男性だった時の姿とか。

確か山本耕史さんがこの役やってたんじゃないかなぁ。
生で見たら迫力ありそう。
難しい役だと思うけど。
映画(DVD・ビデオ) | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。