--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2008/06/17

秒速5センチメートル

小学校の卒業と同時に離れ離れになった遠野貴樹と篠原明里。
手紙のやり取りだけで過ぎていく時間。
ある日、貴樹は明里に会いに行くことを決意する…

全ては山崎まさよし「one more time,one more chance」のPVのために。

ってなくらい、曲と映像が合ってました。
3作の連作短編アニメーションですが、どの話も純愛。切ない。

第1話。
来年も一緒に桜を見たいという約束を叶えられず離れた2人。
貴樹の転校が決まり、これまで以上に遠く離れる前に会いに行くことを決意する。
知らない土地に向う大雪で遅れた電車。
大人になっても不安なのに、中学生でなんてどれだけ不安か。
もっと大きくなっていたら、一緒にいられるのに。
遠距離恋愛の経験なんてないけど、苦しいほどに伝わってきます。

そして第2話。
田舎でののんびりした空気。
誰かを想っている同級生に、片想いする女の子。
友達以上、恋人未満の微妙な空気。
懐かしのLINDBERG「君にいちばんに…」とコーヒー牛乳が泣かせるじゃないか。

第3話。
あの格好良かった貴樹はどこへ?
力の無さを感じていても、未来があった。
不安を感じていても、夢を見ていた。
大人になって現実に疲れている。
でもリアルでいいけど。
幼馴染は誰かと結婚するのに、まだ立ち止まったまま。
男性の方が未練たらしいという、そのままの映像(笑)
この歌好きなんだけどね。

若干人物の顔が少女漫画チックではあるけど、風景なんかは文句なしに綺麗です。
映画(DVD・ビデオ) | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。