--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2008/05/30

アフタースクール

母校の中学校で働く神野のもとに、元同級生だと名乗る探偵が現れる。
彼は、神野の友人であり、一流企業で働く木村の居場所を探しているという。
連絡がつかない木村を共に探しているうちに、彼の知らない一面が明らかになっていき…

「運命じゃない人」の監督作品ということで、チラシを発見した時からすっごい楽しみにしてました。
しかも今回は大泉洋、佐々木蔵之介、堺雅人とキャストも豪華。

で、見終わって。
期待を裏切らない面白さです。
こういう驚きと笑いは大好きだ。

出産間近な奥さんがいる、誠実な人物だったはずの友人。
それなのに、ヤクザの愛人にはまり、妻を置いて2人で逃げようとしているのか?

探偵と依頼主との攻防を交えつつ、木村探しが進むうちに一転。

神野は学校の先生なのに、木村と組んでヤクザを手玉に取ろうとしてるのか?
と思わせる作り。(予告もそんな感じだし)

でも、やっぱり善良な市民じゃないか。
秘密が(でもないか。視点が違っただけで)明らかになるにつれ、あぁ!だまされた。
最初からもう1回見たい~という欲求が。

教師らしいまっすぐな言葉に打たれ、中学時代からの純愛にホロリときて、なんだかほんわか。
けど、しんみり終わらせず、最後まで忘れない笑い。

更にエンドロール後のオチ。
やけに登場するのに、いっこうに関わらない政治家は何だったのかと思っていたら、逮捕映像で登場。
警察の人が言っていた「大きな事件」はこれかな?なんて。

とにかくまた見たいので、もう1回行くこと決定(笑)
映画(劇場) | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。