--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2008/05/15

最高の人生の見つけ方

一代で大富豪となったエドワードと、自動車整備工のカーター。
それまでの人生に何の共通点もない2人は、入院先で相部屋となり、共に余命半年だと宣告される。
カーターが死ぬまでにやりたいことを記した「棺桶リスト」を見つけたエドワードは、リストの実行を持ちかけ旅に出る…

予告を見ていたら、「死ぬまでにしたい10のこと」を思い出しましたが、雰囲気は全然違います。
若くして残りわずかな命となった女性と、孫さえいる年配の男性という違いのせいかもしれないけど。

余命半年だけど、2人でスカイダイビングやらアフリカ旅行やら無茶してて楽しそう。
ピラミッド、タージマハル、万里の長城…
ちょっとした世界遺産探訪なくらい、美しい風景が見れます。
そんな元気に動き回る体力あるのか?という疑問はありますが(笑)

大富豪だけど、家族とはうまくいかず一人寂しく迎える死期。
家族を養うために自分のやりたいことは諦めたけれど、家族に囲まれた幸せな死期。

それまでの人生、自分の自由にやってきて楽しかったかもしれない。
家族のために我慢して、苦しかったかもしれない。
けど、年取って一人はやっぱ寂しい。
豪華なご飯より、大勢で食べるおうちご飯の方が美味しそうです。

最後の最後だけれど、2人は喧嘩したり泣くほど笑える友人を見つけることができました。
終わり良ければ全て良しというか。
人生最後まで分からないというか。

見終わって「いい映画だったね」と言える映画でした。
ジャック・ニコルソンがチャーミングだ。
映画(劇場) | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。