--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2008/05/07

相棒-劇場版-

電波塔に吊り下げられたアナウンサーの死体が発見された。
警視庁特命係の杉下右京は、現場に残された不可解な記号から、別の殺人との連続事件だと推測する。
巡査部長の亀山薫と共に捜査に乗り出し、右京が発見した次のターゲットとは…

面白いという話は聞いてたけど、ドラマは全く見てませんでした。
見に行こうという話になって、慌てて最初の2時間ドラマを見て予習。

最低限の人間関係だけは把握できたかと。
でも、知らなくても十分楽しめたんじゃないかな。

2時間サスペンスから進化した緊迫感と迫力。
結構シリアスな問題も扱ってるし、年齢層の高い世代に受けているのが分かります。

連続猟奇殺人、ネットを使ったゲーム感覚の犯人像、過去の出来事の恨みを晴らすべく犯した犯罪。
そして真犯人の本当の願い。
こう書くと、どんどん事件の雰囲気が変わってますね。
警察モノでよくある色んな犯罪詰め込みました、とも言えるバラエティに富んだ内容です。
バラバラになってもおかしくないけど、テンポがよかったのかそう感じることもありませんでした。

ゲーム感覚の愉快犯かと思いきや、殺人を犯した父親には同情も覚えるし。
だからこそ、右京さんの「それでもあなたのしたことは間違っている」という台詞が効きます。

事件の要因にもなった海外での人質事件は、実際に過去にあった出来事を思い出させます。
無関心と無責任な悪意に晒された被害者とその家族。
テレビ局の自戒もあるんだろうけど、すぐに忘れる視聴者へのメッセージでもあるような。

ついでに連続殺人の被害者になった美容外科医は、実際の人物を思い起こさせます。
いいのか?

今が旬だからなかなか借りられませんが、ぼちぼちドラマシリーズも見てみたいと思う満足度でした。
映画(劇場) | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。